【映画レビュー】キングダム(2019)評価・感想・無料で観る方法

【映画レビュー】キングダム(2019)評価・感想・無料で観る方法 邦画

映画「キングダム」のあらすじ

映画『キングダム』予告

ベストセラーコミックを原作にした中国春秋時代を舞台にした歴史ドラマ

紀元前245年、中華西方の国・秦。

戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。

漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

まずは、31日間無料トライアル
期間中に退会すれば料金はかかりません

映画「キングダム」のキャストや概要

メイン・スタッフ

原作:原 泰久
監督:佐藤信介
脚本:黒岩 勉 佐藤信介 原 泰久

出演

山﨑賢人/吉沢 亮/長澤まさみ/橋本環奈/本郷奏多/満島真之介/阿部進之介/深水元基/六平直政/髙嶋政宏/要 潤 /橋本じゅん/坂口 拓/宇梶剛士/加藤雅也/石橋蓮司 /大沢たかお

映画「キングダム」のネタバレ感想

鎌池
鎌池

徹底的に原作コミックをリスペクトした製作陣の熱量が成功した作品。

ヤングジャンプで連載されている原作漫画の「キングダム」。

このスケールのでかい話を実写で実現できたら・・と誰でも考えるでしょう。しかし、戦国物でしかも古代中国が舞台。

日本映画として日本人キャストで制作するとなるととんでもなく高い障壁があったと思いますが実写化を実現したいという熱い思いが結実した作品だと言えると思います。

日本人キャストで作られた中国物の映画といえば「敦煌」でしょうか。当時、中国のキャラクターを日本人が演じるのは、とても違和感がありましたが「キングダム」はそれがあまりありませんでした。

「キングダム」というマンガをリスペクトし、あの世界観を映像化するなら下手なものは作りたくないという制作者たちの熱い思いがそうさせている気がします。

細かいことは抜きにして「キングダム」を体現したこの作品は一度は、抑えておきたい作品です。

映画「キングダム」の口コミ評価

良い評価 

全体的にはアクションゲームのようなスペクタクルアクションシーンと時々、クスッと笑っちゃうようなコミカルシーンが凄く良かった。ココからは個人的な感想として、

・大沢たかおのラスボス感
・本郷奏多の今まで見た事のない悪童ぶりと切られた後のオーバーなリアクション
・ショートヘアーでもカワイイ橋本環奈ちゃん
・美しい上にドSでクールな長澤まさみのカッコ良いアクションシーン

これだけでもこの作品を見る価値はあるし、個人的にもぜひオススメしたい一作ですね。

Yahoo!映画より引用

いやはや、近年の邦画界では東宝にしかできない豪華な超大作だ。旬の若手スターたちに、脇にも主演級をずらりと揃え、壮大な世界観をCGを駆使して再現、ワイヤーアクションを含む活劇も大盤振る舞い。

ただ、中国の歴史劇を日本で実写化するという超難題を思えば、同じ東宝配給の「進撃の巨人」級の大惨事になるリスクもあったはず。何が両者を分けたのか。 ひとえに、関わった人々それぞれの熱量の違いではないか。

原作者・原泰久による脚本作りへの参加、俳優たちのアクションへの献身、「GANTZ」や「いぬやしき」でもCGを活用して経験を積んできた佐藤信介監督の確かな演出力などなど、個々の熱量の総和が圧倒的だったからこそ、この難ミッションを高いレベルで達成し得たのだろう。

続編製作が決まったのも朗報だが、主要キャストの年齢を考慮すると3作目で完結が現実的か。原作は今も連載中で、物語の配分も大変だろうが、大いに期待する。

映画.comより引用

微妙な評価

原作は読んだことがない。映画だけで評価。機械による加工技術はともかく、撮影のクオリティも物語展開も、何故だか15年以上前に作られたロードオブザリングを思わせる。日本の撮影技術や物語構成が世界よりワンテンポ遅れてることを痛感する。

Yahoo!映画より引用

ストーリーはさすが! 後は映像美を磨かないと世界には勝てない。 レッドクリフのパクリかと思う戦闘シーンは勿体ない。

映画.comより引用

映画「キングダム」はこんな人におすすめ

  • 原作ファン(原作者である原先生が脚本に参加しているので納得の内容)
  • 長澤まさみファン(が美しすぎる)

映画「キングダム」まとめ

鎌池
鎌池

マンガのキャラを具現化したキャストの見事な配役に拍手。

山崎賢人の演じバカ信もとても良かったのですがいずれ始皇帝になるえい政を演じた吉沢亮の美しさと威厳を感じる姿が光っていました。

そして、長澤まさみが演じる楊端和は本当に美しいし、橋本環奈のキュートな河了貂もナイス。他の脇役たちもいい味出していて、主人公を喰っていました。

特に大沢たかおが演じた王騎将軍は、マンガならではの造形なんですが見事に実写化していてすごかったです。最後は、全部持っていきましたw

続編では、出番が増えると思うので期待です。

31日間無料&レンタルで利用できる600ポイントプレゼント!
2020年11月5日 23:59まで配信まで配信予定

本ページの情報は2020年6月時点のものです。配信が終了していたり、有料作品が見放題に変更されている場合もございますので最新の配信状況は「U-NEXT」サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました